ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 新型コロナウイルス感染症関連 > 新型コロナウイルス感染症対策について『新型コロナに関する町長メッセージ』

  • ふるさと納税
  • 観光情報
  • 子育て支援
  • ごみ・リサイクル・環境
  • 移住定住促進
  • イベントカレンダー

ここから本文です。

更新日:2020年5月28日

緊急事態全面解除に際して『新型コロナに関する町長メッセージ』

 5月25日、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言が全面解除されました。
 これまで、本町での感染者は、確認されておりません。これは,外出自粛や日常生活の感染予防を徹底いただいた町民皆さまのご努力、営業自粛をいただいた事業者の皆さまのご協力、感染リスクと隣り合わせの中で、献身的な取り組みをいただいた医療従事者の皆様のご尽力によるものです。心から感謝申し上げます。
 しかしながら、感染が完全に終息したわけではありません。第2波も予想されています。新型コロナウイルスとの共存は長く続くことになります。「新しい生活様式」を定着させながら、感染防止対策を継続していくことが必要です。こまめな手洗い、マスクの着用、人と人との距離を十分に取るなど、引き続きご協力をお願いします。
 また、社会経済活動は段階的にレベルを上げていくこととされておりますが、それぞれの状況に応じた適切な行動をとられるよう重ねてお願いいたします。
 本町といたしましても、町民の皆さま、事業者の皆さま、医療関係者の皆さまの協力のもと、感染症対策を全力で進めてまいりますので、引き続きご理解とご協力をお願いいたします。

大崎町長 東 靖弘

3密新しい生活様式

 

これまでに発表された大崎町長のメッセージ【新型コロナ対策関連】

緊急事態宣言の県内解除に際して『新型コロナに関する町長メッセージ』
(令和2年5月15日付)

 日々、新型コロナウイルスの感染予防に向けて、外出やイベントの自粛など、様々なご協力をいただいている町民の皆様、また感染予防対策に携わる医療従事者の皆様をはじめ、外出の自粛が続く中、町民の皆様の生活を支えていただいている事業者の皆様に深く感謝申し上げます。
政府は5月14日、新型インフルエンザ等特別措置法に基づく緊急事態宣言について、鹿児島県など39県の解除を決定しました。
 本町においても基本的な感染対策を継続しながら、社会経済活動を維持していくために、引き続き、県境をまたぐ不要不急の移動の自粛をはじめ、密閉、密集、密接の「3密」の回避など「新しい生活様式」の徹底を推進してまいります。
 町民の皆様には、心身共にご不便、ご苦労をおかけすることになりますが、町といたしましても、できる限りの感染予防対策や支援策を講じ、町民の皆様とともにこの難局を乗り越えて参りたいと考えております。自分を守るため、そして自分の大切な人を守るためにも、今後ともご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

大崎町長 東 靖弘

緊急事態宣言の延長に際して『新型コロナに関する町長メッセージ』
(令和2年5月7日付)

 町民の皆様、日々、新型コロナウイルスの感染予防に向けて、外出の自粛や施設の休業など、様々なご協力をいただいており、心から感謝申し上げます。また、感染症予防対策に携わる医療従事者の皆様をはじめ、外出の自粛が続く中、町民の皆様の生活を支えて頂いている事業者の皆様に深く感謝申し上げます。
本町においては、現在のところ感染者は出ておりませんが、5月4日、政府は、全都道府県を対象地域とする新型コロナウイルス感染症に対する緊急事態宣言を延長することを決定いたしました。
鹿児島県では、5月5日に、クラスターが発生しやすい施設については5月20日までの休業要請を続けることや、県立学校を5月11日から再開、不要不急の帰省や旅行など、県境をまたぐ移動や県外者の来県の極力自粛等、県としての対応を公表されました。
こうした県や国の状況を踏まえ、本町においても感染予防と社会経済活動の維持を両立させていくことを目的に、感染予防対策を講じた上で、公共施設等の再開を実施していきます。
町民の皆様には、今回国が示しました「新しい生活様式」を、日常生活の中で心がけていただく必要があり、今後も長丁場での感染予防に取り組んでいただかなければならないと考えております。心身共にご不便、ご苦労をおかけすることになりますが、町といたしましても、できる限りの感染予防対策や支援策を講じ、町民の皆様とともにこの難局を乗り越えてまいりたいと考えております。
自分を守るため、そして自分の大切な人を守るためにも、今後ともご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

 大崎町長 東 靖弘

新型コロナウイルス感染症対策について『町民の皆様へお願い』
(令和2年4月7日付)

 政府から緊急事態宣言が4月7日、7都府県を対象に発出され、16日には全国に緊急事態宣言が発出されました。ゴールデンウィークを控えて、地域間の移動を制限する、感染拡大防止の観点からの発出ということであります。
鹿児島県内での発症は現在、4例に留まっていますが、これらはすべて県外で感染された方々です。
色々な理由で帰省や転入される方がいらっしゃるかもしれません。町では、広報誌やホームページ等で帰省等された方々への2週間程度の外出自粛を呼びかけて感染拡大防止に努めてまいります。
こまめな手洗い、3つの密(密閉、密集、密接)を避ける、不要不急の外出を避けるなど、感染予防を意識して行動してください。
一人ひとりの行動が、感染拡大の防止に重要です。皆様方のご理解・ご協力を心からお願い申し上げます。

大崎町長 東 靖弘

関連資料

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉課健康増進係

899-7305 曽於郡大崎町仮宿1029番地

電話:099-476-1111

FAX:099-476-3979

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?