ホーム > くらし > 防災・防犯 > 防災 > 令和2年7月豪雨に伴う障害物の除去について

ここから本文です。

更新日:2020年7月29日

令和2年7月豪雨に伴う障害物の除去について

令和2年7月豪雨によって住居又はその周辺に運ばれた土石,竹木等で,日常生活に著しい支障を及ぼしているものを除去することにより被災者が元の住宅に住むことができるように支援する制度です。

対象者

  • 令和2年7月豪雨により「半壊」又は「床上浸水」の被害があった世帯。
  • 住宅の一部又は全部に障害物が運びこまれ一時的に居住できない状態にあり,自らの資力では障害物の撤去を行うことができない方。

 

対象範囲

  • 居室,台所,玄関,便所等の日常生活上欠くことのできない場所が対象となります。(物置や倉庫等は対象にはなりません。)
  • 住家の入口が障害物によって,閉ざされている場合は,玄関回りも対象となります。

費用の限度額

  • 1世帯当たり137,900円以内。(1つの住宅に2世帯が居住していても,1世帯の限度額となります)
  • 支払に関しては,町から施工業者へ直接支払いを行います。

注意事項

  • 本制度は,あくまでも当面の生活が可能となるように応急的に行うものであり,障害物撤去後の室内の清掃,消毒等は対象となりません。
  • 道路,河川,農地等の障害物については,各管理者にて対応をするべきものであるので本制度の対象となりません。
  • 住家の一部に障害物が運びこまれても,日常生活を営むのに最低限必要な場所を確保できている場合や,他に被害の少ない建物を所有し,日常生活を営むのに心配のない場合には対象となりません。

提出書類

  • 被災住宅の障害物の除去申込書
  • 罹災証明書
  • 障害物の除去前の写真(スマートフォン等での撮影でも構いません)

申請窓口

  • 保健福祉課社会福祉係

お問い合わせ

保健福祉課社会福祉係

899-7305 曽於郡大崎町仮宿1029番地

電話:099-476-1111

FAX:099-476-3979

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?