ホーム > くらし > ごみ・リサイクル・環境 > 温暖化対策 > 大崎町地球温暖化防止活動実行計画について

ここから本文です。

更新日:2019年12月16日

大崎町地球温暖化防止活動実行計画について

大崎町地球温暖化防止活動実行計画(事務事業編)の改訂について

大崎町では、地球温暖化対策の推進に関する法律第20条の3に基づき、「大崎町温暖化防止活動実行計画(事務事業編)」を改定しました。

 

1:基準年度及び計画期間

基準年度は、国の地球温暖化対策計画の基準年度との整合性を考慮して,2013年度(平成25年)を基準年度とします。

計画期間は、平成28年度から平成32年度までの5年間です。

 

2:計画の内容

「2030年度までに2013年度の基準排出量比40%削減」することを計画の目標にしており、以下の取り組みを進めます。

 

(1)環境に配慮した製品の利用

(2)省資源・省エネルギーの推進

(3)環境汚染を防止し、緑化等を推進

(4)建築・改修・機器更新における環境配慮の推進

(5)職員の環境保全意識の向上のための取り組みの推進

 

 

 

3:大崎町地球温暖化防止活動実行計画(本文)

以下のファイルからダウンロードしてください。

大崎町地球温暖化防止活動実行計画(PDF:2,532KB)

 

PDCA

 

 

4:実施状況の公表(30年度)について

原因別の二酸化炭素排出量は、以下の表のとおりであり、平成30年度に町の事務事業から排出された量は、基準年度と比較して0.13%削減しています。

【原因別状況】

 

平成25年度(基準年)

平成30年度

基準年との比較

区分

排出量
(kg-CO2)

構成比
(%)

排出量
(kg-CO2)

構成比
(%)

排出量
(kg-CO2)

昨年比
(%)

電気

2,197,963

59.7

2,151,558

56.3

-46,405

-2.1

ガソリン

148,191

4

124,186

3.3

-24,005

-16.2

その他

1,333,668

36.3

1,541,719

40.4

208,051

15.6

合計

3,679,822

100

3,817,463

100

137,641

3.7

排出量が増加施設もあるため、今後も省エネに対する意識啓発に努め、地球温暖化対策の意識の高揚及び実践の徹底を図り、温室効果ガス排出量削減のため省エネ・省資源化の取り組みを継続して進めていきます。

 

 




 

 


 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

住民環境課環境対策係

899-7305 曽於郡大崎町仮宿1029番地

電話:099-476-1111

FAX:099-476-1169

お問い合わせフォーム

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?