ホーム > くらし > ごみ・リサイクル・環境 > 施策・計画 > 令和元年度「SDGs未来都市」及び「自治体SDGsモデル事業」の選定について

ここから本文です。

更新日:2019年7月9日

令和元年度「SDGs未来都市」及び「自治体SDGsモデル事業」の選定について

あ

SDGs未来都市選定証授与式2019年7月1日

 

大崎町は、2019年7月1日に経済・社会・環境の分野をめぐる広範な課題に統合的に取り組む国(内閣府)の「SDGs未来都市」に選定されました。併せて、SDGs未来都市の中でも先導的な取組であって、多様なステークホルダーとの連携を通じて地域における自律的好循環が見込めるものとして、「自治体SDGsモデル事業」にも選定されました。

SDGs未来都市の選定:31都市

うち自治体SDGsモデル事業の選定:10事業

 

SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは

SDGs(持続可能な開発目標)は、「誰一人取り残さない」をテーマに、貧困、健康、福祉、教育、気候変動、エネルギー、平和などの17分野にわたって、2030年までに達成すべき課題と具体的な目標を定めた世界共通のキーワードです。





お問い合わせ

企画調整課政策推進係

899-7305 曽於郡大崎町仮宿1029番地

電話:099-476-1111

FAX:099-476-3979

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?