改元の対応について

ここから本文です。

更新日:2019年4月26日

改元の対応について

改元に伴う元号の取り扱いについて、次のとおりとします。
  • 法令等の定めにより元号を使用する場合には、5月1日以降の元号を「令和」で表記することとします。
  • ただし、システムの改修が間に合わない場合や事前に大量に印刷した書類などは,5月1日以降の元号の表記が「平成」になっているものがありますが、その場合は新元号に読み替えていただきますようお願いします。
  • 元号が「平成」で表示されている文書等(許可書、証明書、納付書、契約書など)については,改元日以降も法律上の効果は変わらず、有効なものになります。なお,町への提出書類に「平成」を用いて日付を記載した場合についても、有効なものとして取り扱います。

お問い合わせ

総務課電算係

899-7305 曽於郡大崎町仮宿1029番地

電話:099-476-1111

FAX:099-476-3979

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?