ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 不妊治療 > 不妊治療費助成制度のお知らせ

ここから本文です。

更新日:2018年8月30日

不妊治療費助成制度のお知らせ

大崎町では,不妊治療を受けているご夫婦に対して,経済的な負担の軽減を図るため,治療費の一部を助成しています。

対象となる治療

健康保険の適用とならない体外受精及び顕微授精(特定不妊治療)

対象となる経費

特定不妊治療費(県から助成を受けている場合は,その分を差し引いた額)

対象となる方

  1. 夫又は妻が大崎町内に1年以上前から引き続き住所を有する戸籍上のご夫婦
  2. 夫及び妻の前年(1~5月までの申請にあっては,前々年)の所得の合計額が730万円未満の方
  3. 特定不妊治療以外の治療法によっては妊娠の見込みがないか又は極めて少ないと医師に診断された方
  4. 町税等の滞納がない方

助成の額及び期間

1回の治療につき20万円以内,1年度あたり2回まで,通算5年間を限度に助成

(県からの助成がある場合はその差額のうち上限20万円)

指定医療機関(県が指定している医療機関)

県内の指定医療機関

医療機関名

住所

電話番号

鹿児島大学病院

鹿児島市桜ヶ丘8丁目35-1

099-275-5888

レディースクリニックあいいく

鹿児島市小松原1丁目40-2

099-260-8878

竹内レディースクリニック

姶良市東餅田502-2

0995-65-2296

松田ウイメンズクリニック

鹿児島市山之口町1-10
鹿児島中央ビル3F

099-224-4124

フィオーレ第一病院

姶良市加治木町本町307-1

0995-63-2158

なお,県外の医療機関についても,当該医療機関が所在する自治体によって指定されている場合は,対象となります。

申請に必要なもの

  1. 不妊治療費助成事業申請書
  2. 指定医療機関が発行する不妊治療費助成事業受診等証明書
  3. 指定医療機関が発行する特定不妊治療に要した費用の領収書
  4. 法律上の婚姻をしている夫婦であることを証明できる書類
    • 夫婦同一世帯の場合
      住民票謄本(続柄の記載のあるもの)
    • 夫婦別世帯の場合
      夫及び妻の住民票抄本と戸籍謄本(いずれも続柄の記載のあるもの)
    • 外ガイ国籍を有する者がいる世帯の場合
      外国人登録原票記載事項証明書
  5. 夫婦それぞれの所得額を証明する書類
    市町村が発行する児童手当用所得証明書(1月1日に居住していた市町村で発行されます。)
  6. 不妊治療費助成金請求書
  7. 鹿児島県に申請している場合→決定通知書
  8. 印鑑
  9. 申請者名義の通帳

※1.と2.と6.は,下記の申請受付窓口にあります。

申請期限

特定不妊治療が終了した日から6月以内に申請してください。

申請受付窓口

大崎町役場保健福祉課健康増進係

電話:476-1111(内線131・132)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉課健康増進係

899-7305 曽於郡大崎町仮宿1029番地

電話:099-476-1111

FAX:099-476-3979

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?