ホーム > くらし > 新型コロナウイルス感染症関連 > 新型コロナウイルス感染症関連・全般 > ゴールデンウィークを迎えるにあたって『新型コロナに関する町長メッセージ』

ここから本文です。

更新日:2021年4月28日

ゴールデンウィークを迎えるにあたって「新型コロナに関する町長メッセージ」

 新型コロナウイルス感染症が流行してから2度目のゴールデンウィークを迎えようとしております。最近は、全国の新規感染者数の増加が続いており、従来よりも感染しやすく重症化しやすいといわれている変異株の感染者の拡大傾向が見られます。  

    このような状況を踏まえ、町民の皆様に改めてのお願いです。  

 大型連休など、人の動きが活発になる時期ではありますが、感染拡大地域との往来をできるだけ避けてください。必要な移動の際も「マスク着用」「手洗い・手指消毒」「3密(密閉・密集・密接)回避」といった基本的な感染予防策を引き続き徹底していただきますよう、お願いいたします。また、会食の際は、少人数、短時間で開催する、体調が悪いときは参加せずに、医療機関、受診相談センターへ相談するなどの感染リスクを下げる行動をお願いいたします。  

 町民の皆様におかれましては、感染拡大防止に向けてご協力いただいていることに、改めて感謝申し上げます。長引くコロナ禍のこの厳しい局面を乗り越えるには、町民すべての皆様の心を一つにして、取り組んでいくほかはありません。引き続きのご協力をどうぞよろしくお願いいたします。  

                             大崎町長 東 靖弘 

  これまで発信された「新型コロナに関する町長のメッセージ」 

【12月23日付】年末年始を迎えるにあたって「新型コロナに関する町長メッセージ」

   町民の皆様におかれましては、新型コロナウイルス感染症防止対策に日頃からご協力いただき、感謝申し上げます。

 新型コロナウイルス感染症が流行してから初めての冬を迎えております。
年末年始は、県内におきましても、人の往来が多く発生する場面が想定され、また、親族や親しい友人たちと旧交を温めたい時期でもありますが、このような交流等を通じて感染が拡大すると、さらに医療がひっ迫し、経済にも大きな影響を与えることとなります。

   県においては、県内各地で感染が確認され、1日あたりの最多感染者が更新される中、医療機関への入院に支障のないよう最大確保病床を増やすなどの対策強化を進めております。

   人の命と暮らしを守るためには、町民の皆様お一人お一人の行動が重要となってまいります。国の分科会においても、年末年始は静かに過ごしていただくことが求められております。

   町民の皆様には何度もお願いを重ねておりますが、マスクの着用、手洗いの徹底、3密(密閉、密接、密集)を避けた行動が大切です。
また、忘年会・新年会などの人が集まる機会におきましては、体調が悪いときは会食等の参加を控える、ご家族、ご親戚お集まりの場面におきましては、高齢者の方への感染につながらない配慮など、人にうつさない、うつらない行動を心がけていくことが大切です。

   寒くなってまいりましたので、ご自身の体調管理に努めていただくとともに、来年を良い年で迎えられるよう、ともに行動してまいりましょう。

大崎町長 東 靖弘

【12月11日付】新型コロナウイルス感染症発生を受けて「新型コロナに関する町長メッセージ」

  12月11日、大崎町において、2例目となる新型コロナウイルス感染者が新たに確認されました。

 感染された方は、大崎町在住の50代男性です。まず、感染された方に対しまして、心からお見舞い申し上げます。

 感染された方の感染経路は把握されております。よって、町民の皆様におかれましては、過度に心配されることなく、これまでどおり国や県、町が発信する正しい情報に基づいた冷静な対応をしていただきたいと思います。

 また、感染確認の情報提供は、感染拡大防止の観点から、個人情報の保護に留意しつつ、鹿児島県の発表に基づいて行います。

 町民の皆様におかれましては、マスクの着用、手洗いの徹底、三密を避ける等、引き続き個々が今できることの実践を継続していただき、感染された方などが、差別や偏見を受けることがないよう、ご配慮をどうぞよろしくお願いいたします。

 今後も町民の皆様、事業者の皆様、医療機関の皆様の協力のもと、新型コロナウイルスの感染症対策に取り組んでまいりますので、ご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。

大崎町長 東 靖弘

 

【7月4日付】新型コロナウイルス感染症発生を受けて「新型コロナに関する町長メッセージ」

 7月4日,大崎町において,1例目となる新型コロナウイルス感染者が確認されました。

 まず,感染された方に対しまして,心からお見舞い申し上げます。

 町民の皆様におかれましては,過度に心配されることなく,これまでどおり国や県,町が発信する正しい情報に基づいた冷静な対応をしていただきたいと思います。

 また,今回は社会経済活動のレベルが上がる中で発生いたしましたが,ワクチンの開発までは,コロナウイルスとの共存は避けられません。感染しない,感染させないという町民皆さんお一人おひとりの意識改革と予防の実践が,自分,家族,地域を守ることにつながります。

 改めて,常にマスクを着用する,手洗い,咳エチケットの徹底,不要不急の外出を控えていただく等「新しい生活様式」の徹底に努めてくださいますよう,よろしくお願いいたします。

 また,事業者の皆様におかれましては,関係団体から示されております「感染拡大予防ガイドライン」を再度ご確認いただき,より一層の実践をお願いいたします。

 最後に感染された方などが,差別や偏見を受けることがないよう,ご配慮をどうぞよろしくお願いいたします。

大崎町長 東 靖弘

緊急事態全面解除に際して『新型コロナに関する町長メッセージ』

 5月25日、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言が全面解除されました。
 これまで、本町での感染者は、確認されておりません。これは,外出自粛や日常生活の感染予防を徹底いただいた町民皆さまのご努力、営業自粛をいただいた事業者の皆さまのご協力、感染リスクと隣り合わせの中で、献身的な取り組みをいただいた医療従事者の皆様のご尽力によるものです。心から感謝申し上げます。
 しかしながら、感染が完全に終息したわけではありません。第2波も予想されています。新型コロナウイルスとの共存は長く続くことになります。「新しい生活様式」を定着させながら、感染防止対策を継続していくことが必要です。こまめな手洗い、マスクの着用、人と人との距離を十分に取るなど、引き続きご協力をお願いします。
 また、社会経済活動は段階的にレベルを上げていくこととされておりますが、それぞれの状況に応じた適切な行動をとられるよう重ねてお願いいたします。
 本町といたしましても、町民の皆さま、事業者の皆さま、医療関係者の皆さまの協力のもと、感染症対策を全力で進めてまいりますので、引き続きご理解とご協力をお願いいたします。

大崎町長 東 靖弘

3密新しい生活様式

 

緊急事態宣言の県内解除に際して『新型コロナに関する町長メッセージ』
(令和2年5月15日付)

 日々、新型コロナウイルスの感染予防に向けて、外出やイベントの自粛など、様々なご協力をいただいている町民の皆様、また感染予防対策に携わる医療従事者の皆様をはじめ、外出の自粛が続く中、町民の皆様の生活を支えていただいている事業者の皆様に深く感謝申し上げます。
政府は5月14日、新型インフルエンザ等特別措置法に基づく緊急事態宣言について、鹿児島県など39県の解除を決定しました。
 本町においても基本的な感染対策を継続しながら、社会経済活動を維持していくために、引き続き、県境をまたぐ不要不急の移動の自粛をはじめ、密閉、密集、密接の「3密」の回避など「新しい生活様式」の徹底を推進してまいります。
 町民の皆様には、心身共にご不便、ご苦労をおかけすることになりますが、町といたしましても、できる限りの感染予防対策や支援策を講じ、町民の皆様とともにこの難局を乗り越えて参りたいと考えております。自分を守るため、そして自分の大切な人を守るためにも、今後ともご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

大崎町長 東 靖弘

緊急事態宣言の延長に際して『新型コロナに関する町長メッセージ』
(令和2年5月7日付)

 町民の皆様、日々、新型コロナウイルスの感染予防に向けて、外出の自粛や施設の休業など、様々なご協力をいただいており、心から感謝申し上げます。また、感染症予防対策に携わる医療従事者の皆様をはじめ、外出の自粛が続く中、町民の皆様の生活を支えて頂いている事業者の皆様に深く感謝申し上げます。
本町においては、現在のところ感染者は出ておりませんが、5月4日、政府は、全都道府県を対象地域とする新型コロナウイルス感染症に対する緊急事態宣言を延長することを決定いたしました。
鹿児島県では、5月5日に、クラスターが発生しやすい施設については5月20日までの休業要請を続けることや、県立学校を5月11日から再開、不要不急の帰省や旅行など、県境をまたぐ移動や県外者の来県の極力自粛等、県としての対応を公表されました。
こうした県や国の状況を踏まえ、本町においても感染予防と社会経済活動の維持を両立させていくことを目的に、感染予防対策を講じた上で、公共施設等の再開を実施していきます。
町民の皆様には、今回国が示しました「新しい生活様式」を、日常生活の中で心がけていただく必要があり、今後も長丁場での感染予防に取り組んでいただかなければならないと考えております。心身共にご不便、ご苦労をおかけすることになりますが、町といたしましても、できる限りの感染予防対策や支援策を講じ、町民の皆様とともにこの難局を乗り越えてまいりたいと考えております。
自分を守るため、そして自分の大切な人を守るためにも、今後ともご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

 大崎町長 東 靖弘

新型コロナウイルス感染症対策について『町民の皆様へお願い』
(令和2年4月7日付)

 政府から緊急事態宣言が4月7日、7都府県を対象に発出され、16日には全国に緊急事態宣言が発出されました。ゴールデンウィークを控えて、地域間の移動を制限する、感染拡大防止の観点からの発出ということであります。
鹿児島県内での発症は現在、4例に留まっていますが、これらはすべて県外で感染された方々です。
色々な理由で帰省や転入される方がいらっしゃるかもしれません。町では、広報誌やホームページ等で帰省等された方々への2週間程度の外出自粛を呼びかけて感染拡大防止に努めてまいります。
こまめな手洗い、3つの密(密閉、密集、密接)を避ける、不要不急の外出を避けるなど、感染予防を意識して行動してください。
一人ひとりの行動が、感染拡大の防止に重要です。皆様方のご理解・ご協力を心からお願い申し上げます。

大崎町長 東 靖弘

関連資料

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉課健康増進係

899-7305 曽於郡大崎町仮宿1029番地

電話:099-476-1111

FAX:099-476-3979

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?