ホーム > くらし > 新型コロナウイルス感染症関連 > 新型コロナウイルス感染症関連・保健福祉関連 > 【新型コロナワクチン】追加(3回目)接種について

ここから本文です。

更新日:2022年5月25日

【新型コロナワクチン】追加(3回目)接種について

2回目接種から5か月以上経過した12歳以上の方に対し、追加(3回目)接種を実施しています。

接種対象者

追加(3回目)の接種対象者は、以下のすべてを満たす方です。

  • 2回目接種を完了した日から、5か月以上経過した方
  • 12歳以上の方
  • 日本国内での初回接種又は初回接種に該当する接種が完了している方

次の方が、初回接種に相当する接種を受けた方となります。ただし、日本で薬事承認されている、ファイザー社ワクチン、武田/モデルナ社ワクチン、アストラゼネカ社ワクチン、武田社ワクチン(ノババックス)のいずれかを接種している場合に限ります。

  1. 海外で2回接種した方
  2. 海外在留邦人等向け新型コロナワクチン接種事業で2回接種した方
  3. 在日米軍従業員接種で2回接種した方
  4. 製薬メーカーの治験等で2回接種した方

使用するワクチンの種類

  • ファイザー社ワクチン
  • 武田/モデルナ社ワクチン

ただし、12歳以上17歳以下の方に用いられるワクチンは、ファイザー社ワクチンのみとなります。

接種券の発送について

3回目の接種券は、2回目接種から5か月を経過する方へ順次発送します。

接種券が届いた方から、ワクチン接種の予約をすることができます。

交互接種について

3回目接種に使用するワクチンについては、1回目、2回目接種に用いたワクチンの種類にかかわらず、mRNAワクチン(ファイザー社ワクチン・武田/モデルナ社ワクチン)を用いることが適当とされており、mRNAワクチン同士の交互接種も可能になっています。

追加接種において、初回接種で使用したワクチンと異なるワクチンを使用すること(交互接種を伴う追加接種)の効果や安全性を評価した米国の研究によれば、交互接種を伴う追加接種の抗体量の上昇は良好であること、また、副反応に関しては、初回接種で報告されたものと同程度であり、交互接種と同種接種で差がなかったと報告されています。

厚生労働省「追加接種(3回目接種)についてのお知らせ」(外部サイトへリンク)





お問い合わせ

保健福祉課

899-7305 曽於郡大崎町仮宿1029番地

電話:099-476-1111

FAX:099-476-3979

お問い合わせフォーム

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?