ホーム > 企業版ふるさと納税のご案内~皆様の寄附で世界の未来を変える~

  • ふるさと納税
  • 観光情報
  • 子育て支援
  • ごみ・リサイクル・環境
  • 移住定住促進
  • イベントカレンダー

ここから本文です。

更新日:2021年6月11日

企業版ふるさと納税のご案内~皆様の寄附で世界の未来を変える~

『リサイクルの町から世界の未来をつくる町へ』

ビジョン

 大崎町では、町外に本社を置く企業の皆様からの寄附(企業版ふるさと納税)を受け、『リサイクルの町から世界の未来をつくる町へ』をスローガンに地域の課題解決はもとより、世界の課題解決に向けたプロジェクトを実行していきます。 

目次

企業版ふるさと納税とは

企業版ふるさと納税(人材派遣型)とは

企業にとってのメリット

制度活用の流れ

制度を活用する上での留意事項

寄附対象事業~大崎町SDGs推進事業~

寄附の流れ

SDGsの取組に関する視察・取材について

企業版ふるさと納税とは

 企業版ふるさと納税制度とは、地方公共団体が取り組む地方創生事業に対して企業の皆様が寄附を行った場合に、税制上の優遇措置が受けられる制度です。

 企業版ふるさと納税として企業が寄附を行う場合、法人関係税について通常の損金算入措置に加え、税額控除の特例措置がなされます。

企業版ふるさと納税制度概要(PDF:385KB)

企業版ふるさと納税(人材派遣型)とは

 寄附企業が、寄附した事業に取り組む人材も派遣し、事業の実施を支援する場合、人材の人件費相当額を含む寄附額の最大約9割に相当する税の軽減を受けることができるものです。

企業版ふるさと納税(人材派遣型)概要(PDF:421KB)

企業の皆様にとってのメリット

SDGsに貢献できる

SDGs

世界とつながる

世界

先進事例になる

先進事例

  

企業における課税の特例(税額控除)→寄附額の最大9割が軽減されます!

(例)1,000万円寄附すると、最大900万円の法人関連税が軽減されます。

税控除

税目別の特例措置

①法人住民税:寄附額の4割を税額控除(法人住民税法人税割額の20%が上限)

②法人税:法人住民税で4割に達しない場合、その残額を控除。ただし、寄附額の1割を限度(法人税5%が上限)

③法人事業税:寄附額の2割を税額控除。(法人事業税の20%が上限)

※企業が地方公共団体に寄附した場合は、その全額が損金算入される為、寄附額の約3割(法人実効税率)相当額の税の軽減効果があります。

納税額のシミュレーション

 【(例)A社 課税所得:2,000万円 法人実効税率:30% 寄附額:500万円】

①寄附を行う前

2,000万円×30%=約600万円(納税額)

②通常の寄附

(2,000万円-500万円)×30%=約450万円(納税額)

③企業版ふるさと納税

{(2,000万円-500万円)×30%}-(500万円×60%)=150万円(納税額)

【結果】

寄附前の納税額(600万円)と企業版ふるさと納税後の納税額(150万円)を比較し、約450万円の軽減効果

※上記の結果はあくまでも例です。資本金の金額や所得の金額に応じて控除額が変動しますので、詳しくは会計士や税理士にお問い合わせください。

制度活用の流れ

流れ

制度を活用する上での留意事項

①本制度は、企業の本社(地方税法における主たる事務所又は事業所)所在地以外の地方公共団体に対する寄附が対象となります。

②寄附額は1回当たり10万円以上が対象となります。

③寄附を行うことの代償として、経済的利益供与は禁止されています。

④寄附金額は確定した事業費の範囲内までとなります。

寄附対象事業~大崎町SDGs推進事業~

 循環型社会の実装や構築を大崎町から推進するために、研究・開発、人材育成、情報発信などに取り組みます。

OSAKINIプロジェクト(一般社団法人大崎町SDGs推進協議会ホームページ)

研究・開発

実証実験

 大崎町の取り組みを確信あるものとして世界へ展開するために研究者や研究機関との連携を進めます。2021年度は研究者の招聘などを予定しています。 

人材育成

人材2

 大崎町の仕組みや循環型社会を次世代に伝え、未来のつくり手を増やすために、教育事業にも取り組んでいきます。

情報発信

情報

 大崎町の取り組みやこれからを伝えるオンライン・現地視察ツアーを開催します。教育機関・企業・団体向けにカスタマイズしたツアーの実施も予定しています。

 

寄附の流れ

①寄附申込及び事前協議

 寄附を検討されている方は以下のお問い合わせ先(外部サイトリンク)にアクセスいただき、必要事項をご記入ください。担当者よりご連絡差し上げます。

お問い合わせはこちら(外部サイトへリンク)

②寄附金の納付

 ①の事前協議後、納付方法等についてお知らせいたします。

③受領証の交付

 入金を確認次第、「受領証」を送付いたします。

④税制措置の申請

 「受領証」とともに税の申告をお願いします。

※詳細は会計士または税理士にお問い合わせください。

SDGsの取組に関する視察・取材について

 大崎町では、SDGsやリサイクルの取組に関する視察・取材の受入を行っております。視察・取材(現地・オンライン)をご希望の方は、以下のお申し込み先(外部サイトリンク)よりお申し込みください。

お申し込みはこちら(外部サイトへリンク)

大崎町のSDGsに関する取組について

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画調整課企画政策係

899-7305 曽於郡大崎町仮宿1029番地

電話:099-476-1111

FAX:099-476-3979

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?