ホーム > 産業 > 商工業振興 > 企業価値向上補助金について

ここから本文です。

更新日:2022年6月16日

企業価値向上補助金について

1 概要

町内の商工業者の企業価値を高めることを目的とし、施設や設備の整備に係る費用の一部を補助することで、町内の商工業の活性化を図り、後継者の育成を図ります。

2 対象者

補助対象者は、申請時点において、既に開業届出により事業を開始している個人又は法人開設届出を提出している法人で、次のいずれかの要件に該当する中小企業者とする。

1.町内に事業所を構える個人事業主又は法人であること。ただし、創業又は法人等から事業承継してから1年未満である場合は、鹿児島県商工会連合会等が開催する専門的な研修を受けた者。

2.法人等で、町内で新たに現在と同じ業種区分の事業を開始するものであること。

ただし、上記要件に該当する者のうち、次の各号のいずれかに該当する場合は、補助対象から除くものとする。

  • 申請者及び申請者と同一世帯に属する者に町税の滞納があるとき。ただし、法人にあっては、法人及びその代表者に町税の滞納があるとき。
  • 事業の実施に関して、法的規制がかけられており、内容又は許認可に係る期間等に課題を要するとき。
  • 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団に該当する者。
  • 政治資金規正法(昭和23年法律第194号)第3条に規定する政治団体に該当する者又は宗教法人法(昭和26年法律第126号)第2条に規定する宗教団体に該当する者。
  • 過去5年以内に国、県及び町等の補助金の交付を受けた事業。
  • フランチャイズ契約その他これに類する契約による事業。
  • その他町長が適切でないと判断する事業。

3 補助対象経費

1.店舗等の取得又は改修に要する経費

2.店舗等の設備及び備品の購入費

4 補助金額

補助対象経費の2分の1以内(消費税及び地方消費税を含む。)とし、100万円を上限とする。

※ただし、千円未満の端数切り捨て

5 交付手続き

補助金の交付を受けようとする方は、事前に役場企画調整課に相談のうえ、下記の「企業価値向上補助金の申請に必要な書類について」をご確認いただき,申請書に必要書類を添えてご提出ください。

企業価値向上補助金の申請に必要な書類について(ワード:10KB)

6 補助金活用例

企業価値向上補助金を活用した主な事例を以下に示します。申請をする際のご参考にしていただけると幸いです。

  

     店舗改装      機械導入

    事例1.店舗等の改修(外壁塗装・内装工事等)  事例2.新規設備の導入(大型冷凍庫・自動券売機等)         

7 様式集

1.大崎町企業価値向上補助金交付申請書(別記第1号様式)(ワード:11KB)

2.大崎町企業価値向上事業計画書(ワード:18KB)

3.大崎町企業価値向上補助金実績報告書(第5号様式)(ワード:11KB)

4.事業実施報告書(ワード:12KB)

8 大崎町企業価値向上補助金交付要綱

大崎町企業価値向上補助金交付要綱(PDF:122KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画調整課商工振興係

899-7305 曽於郡大崎町仮宿1029番地

電話:099-476-1111

FAX:099-476-3979

お問い合わせフォーム

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?