ホーム > くらし > ふるさと納税 > 寄附金の使い道(ふるさと納税×SDGsの実現へ)

ここから本文です。

更新日:2019年1月31日

寄附金の使い道(ふるさと納税×SDGsの実現へ)

寄附金の活用方法について

東川スタイル×大崎システム 北と南の2つの町が協働で、日本と世界の未来を育む「リサイクル留学生プロジェクト」寄附募集期間終了と寄附の御礼

2つの自治体が共同で課題解決のためにふるさと納税を活用する、日本で初めての事例として、「リサイクル留学生プロジェクト」にご賛同頂き、本当にありがとうございます。
お陰さまで目標金額の250万円を達成することが出来ました。

PRする期間も短く、年末のスタートでしたが、毎日のようにご寄付頂いた方々から

『素敵な自治体間の連携、応援しています!』
『強みを生かして助け合う、グローバル人材育成を目指す点に共感しました。応援しています!』

の温かいメッセージやコメントには関係者一同大変励みになりました。

北と南の小さな町がそれぞれの町の強みをいかし、地域課題への取り組みから日本が抱える大きな課題にも向かうことができるようになり、日本の課題解決に向けた自治体の取り組みとして、今後のモデルにしたいという想いもあります。

ふるさと納税を活用した自治体間で初めての協働の取組みとなりますが、皆様の期待に応えられるよう、また日本、そして世界の未来を育むプロジェクトを実行してまいります。

「究極の鰻丼」として関係者の間では話題になりました、お礼の品の発送は2月までを目処にお送りさせていただきます。皆様のお手元に届くまで、少々お待ちください!
北海道東川町の「美味しい水とお米」と大崎町の「鰻」を是非ご堪能くださいませ。

目標金額を上回りいただいた寄附金は、本プロジェクト留学生の受け入れや研修プログラムに関する費用の一部として活用させていただきます。

これから人材の募集を海外に向け発信し、モデル事業を展開していけるよう頑張っていきます。

今後とも本プロジェクトを見守っていただき、北海道東川町、鹿児島県大崎町を応援いただけますと幸いです!gcfgift

「究極の鰻丼」セット。北海道東川町の「美味しい水とお米」と大崎町の「鰻」をお届けします。lec

ジャカルタ州知事への大崎システムのレクチャーの様子

ふるさと納税×SDGs(持続可能な開発目標)の実現へ!

 gcftop

支援の方法

本プロジェクトへのご支援は、ふるさと納税で承っております。

gcf4(外部サイトへリンク)

​【日本と世界の未来を育む「リサイクル留学生プロジェクト」WEBサイト】(外部サイトへリンク)

寄附金は以下のような事業に活用させていただきます。

  1. 菜の花エコプロジェクト等の環境施策に関する事業
  2. 白砂青松等の地域特性を生かした観光・スポーツ施策に関する事業
  3. 未来を担う子どもを育む施策に関する事業
  4. にぎわいと活力あるまちづくり施策に関する事業
  5. その他目的達成のために町長が必要と認める事業

これまでの寄附金は、以下の事業に活用しました。

平成29年度

【Pick up事業】

ふるさと納税活用事業(抜粋)(PDF:2,097KB)

 【菜の花エコプロジェクト等の環境施策】
活用金額:1億356万6千円
主な事業(6事業)
・ごみ出しサポート事業
・菜の花エコプロジェクト
・容器包装廃棄物再商品化事業

菜の花エコ

【白砂青松等の地域特性を生かした観光・スポーツ施策】
活用金額:7,115万
主な事業(15事業)
・くにの松原景観維持活動
・クロスカントリー整備事業

高速バス停留所整備工事

高速バス

 

【未来を担う子どもを育む施策】
活用金額:4億3,709万6千円
主な事業(48事業)
・こんにちは赤ちゃん事業
・ブックスタート事業
・大崎中学校入学援助金

地域元気づくり推進事業(プログラミング教室)

中学校

 

【にぎわいと活力あるまちづくり施策】
活用金額:9,897万9千円
主な事業(23事業)
・「陸上競技の聖地」実現プロジェクト
・新規創業・起業支援事業
・ふれあいの里公園遊具施設改修

陸上

平成28年度

【菜の花エコプロジェクト等の環境施策】
活用金額:1億429万5千円
主な事業
・ごみ出しサポート事業
・菜の花エコプロジェクト
・容器包装廃棄物再商品化事業

 

【白砂青松等の地域特性を生かした観光・スポーツ施策】
活用金額:3,841万4千円
主な事業
・くにの松原景観維持活動
・くにの松原キャンプ場イベント
・大隅スポーツ交流拠点プロジェクト

【未来を担う子どもを育む施策】
活用金額:1億6,279万4千円
主な事業
・子ども医療費助成
・学校給食費補助
・学力向上プロジェクト
・小学校ICT活用事業

 

【にぎわいと活力あるまちづくり施策】
活用金額:4,721万6千円
主な事業
・婚活イベント推進事業
・空き店舗対策
・新規創業・起業支援
・地域元気づくり推進事業

平成27年度

未来を担う子どもを育む施策関する事業

活用金額:60,000千円

【教育環境改善・学力向上分野】

主な事業

  • 学力向上プロジェクト
  • 小学校ICT活用事業
  • 図書館図書充実事業

【実施事業例】

事業名:中学校学力向上プロジェクト(140,500円を活用)

授業風景

平成26年度

教育環境の充実に関する事業

活用金額:2,916,000円

大崎中学校の特別教室棟の各教室に扇風機を設置しました。

平成25年度

教育環境の充実に関する事業

活用金額:5,245,200円

大崎中学校に校歌銘板、中学校旗(校旗一本、体育大会優勝旗)、グランドピアノ一式を設置・導入しました。

また、生徒の学力向上を図るための夏期講座を行いました。さらに、野方小学校に遊具を設置しました。

平成24年度

教育環境の充実に関する事業

活用金額:6,000,000円

町内の全小学校の各教室に扇風機を設置しました。

その他事業

活用金額:600,000円

自治公民館等の自立的活動支援策として、地域づくり活動支援事業(提案公募型事業)にも活用させていただきました。

平成23年度

教育環境の充実に関する事業

活用金額:2,478,000円

大丸小学校、中沖小学校及び菱田小学校に遊具を設置しました。

平成22年度

環境施策に関する事業

活用金額:2,163,000円

前年に引き続き環境施策に関する事業として、軽自動車を購入し、町内の環境パトロール等に活用しております。

平成21年度

環境施策に関する事業

活用金額:974,370円

環境施策に関する事業として、軽自動車を購入しました。『ふるさと応援号』として、町内のゴミの不法投棄の防止等に活用されています。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画調整課商工観光係

899-7305 曽於郡大崎町仮宿1029番地

電話:099-476-0356(直通)(ふるさと納税コールセンター0570-666-532)

FAX:099-476-3979

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?