ここから本文です。

更新日:2022年5月17日

活動報告

令和4年5月15日(日曜日)

「サロン・茶いっぺ宮園」との意見交換会

宮園サロン 宮園公民館で開催された「サロン・茶いっぺ宮園」で、町長講話や意見交換の場を設けていただきました。講話では、「持続可能なまちづくりを目指して」というテーマで、資源ごみリサイクルからSDGsへの取り組みや、新型コロナウイルス感染症に関すること、ふるさと納税、人口・児童生徒数の推移、陸上競技の聖地創り実現プロジェクトなどについてお話させていただきました。

 また、参加者の皆様方から有害鳥獣対策や耕作放棄地問題など、活発なご意見・ご提言を頂戴いたしましたので、それぞれの事項について関係部署と協議してまいります。

令和4年4月6日(水曜日)

令和4年度 大崎町立大崎中学校入学式

大崎中学校入学式 大崎町立大崎中学校の令和4年度第9回入学式に出席し、お祝いを申し上げました。

 午前中に行われた大崎小学校と同様、参列者を制限しての開催となりましたが、凛々しく溌溂とした姿で式に臨んでいる新入生98名の皆さんを拝見し、大変頼もしく感じました。また、在校生代表による「英語と日本語での歓迎の言葉」に感銘を受けるとともに、日ごろからご指導いただいている先生方に敬意を表するところでございます。

 新入生の皆さんをはじめ、在校生の皆さんが、健康で伸び伸びと楽しく充実した学校生活を送ってくださることをご祈念申し上げます。

令和4年4月6日(水曜日)

令和4年度 大崎町立大崎小学校入学式

大崎小学校入学式 今年度は、大崎町立大崎小学校の令和4年度入学式に出席し、お祝いを申し上げました。

 新型コロナウイルス感染症拡大防止対策のため、参列者数を制限しての開催となりましたが、新入生55名の皆さんのキラキラと輝いたまなざしと、元気な姿を拝見できて大変嬉しく思います。

 町としても、各小学校の先生方やご家族の皆様方とともに、町内全児童の皆さんが心身ともに健全に成長していく姿を見守ってまいります。

令和4年3月1日(火曜日)

「大崎町ふるさとPR大使」委嘱状交付式

ふるさとPR大使(滝谷氏) この度、大阪成蹊大学教授の滝谷 賢史(たきたに けんし)様に「大崎町ふるさとPR大使」を委嘱いたしました。滝谷様はこれまで、各年代で日本一の陸上競技選手を育てられ、現在は大阪成蹊大学にて、陸上競技部の監督としてご活躍されております。さらに東京2020オリンピックでは、日本陸上競技連盟強化委員・東京オリンピック女子リレー・ナショナルヘッドコーチを務められました。

 また、本町菱田にある県有施設「ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅(JATCO)」については、設計の段階から様々なご指導・ご助言をいただき、施設オープン後も幾度となく著名な選手等と一緒に大崎町で合宿を行い、専門的見地から本町に対するご助言を頂戴するとともに、JATCO並びに本町に関する情報発信など、絶大なご協力をいただいております。

 今後も滝谷様の広範なネットワークを活用した情報発信や合宿誘致、陸上競技に係る様々な助言等をいただき、陸上競技を核に成長する町づくりに向けたプロジェクトを進めていきたいと考えています。

令和4年2月21日(月曜日)

「中村1区サロン」での意見交換会(オンライン開催)

202202221_中村1区サロン 中村1区サロンの皆様方に、町長講話や意見交換の場を設けていただきました。なお、今回は新型コロナウイルス感染症まん延防止の観点から、オンラインで参加させていただきました。

 講話では「持続可能なまちづくりを目指して」といテーマで、資源ごみリサイクルからSDGsへの取り組みや、ふるさと納税、人口・児童生徒数の推移、陸上競技の聖地創り実現プロジェクトなどについてお話させていただきました。参加者の皆様方から、リサイクルや交通安全に関することなど、活発なご意見を頂戴いたしましたので、それぞれの事項について関係部署と協議してまいります。

令和4年2月10日(木曜日)

企業版ふるさと納税に係る内閣府特命担当大臣表彰(オンライン開催)

野田聖子内閣大臣表彰 この度、企業版ふるさと納税に係る寄附活用事業の取り組みが評価され、内閣府が主催する令和3年度「地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)に係る大臣表彰」を受賞し、野田聖子内閣府特命担当大臣(地方創生担当)から表彰されました。

<受賞事業概要>

 本町のリサイクル率日本一の取り組みを発展させ、SDGsの達成と地域の課題解決を図るため、民間企業と共に官民連携の推進事業体として、一般社団法人大崎町SDGs推進協議会を設立。「リサイクルの町から世界の未来をつくる町へ」という目標を掲げ、「研究・開発」「人材育成」「情報発信」の3つの柱を中心に、様々なプロジェクトを展開。町内外の企業と協働し、環境負荷を下げる商品展開や仕組みの開発、SDGsに係る学生向けの授業、メディアと連携したSDGs普及活動等を実施。

令和4年1月26日(水曜日】

【企業版ふるさと納税】感謝状贈呈式(株式会社 久永)

【企業ふる】株式会社 久永 本町が実施するSDGs推進事業に対して、株式会社 久永様(鹿児島市)から、企業版ふるさと納税を活用したご寄附をいただきましたので、本町から同社へ、感謝状を贈呈させていただきました。

 贈呈式では、同社代表取締役社長の久永修平様から「大崎町のサーキュラーヴィレッジ構想を聞かせていただいたうえで、大崎町とともに協業できるのであれば、環境面での貢献を進めながら、私どもの会社も変化、成長しなければならない。」とのお言葉を頂戴いたしました。

 ご寄附に深く感謝申し上げるとともに、ご期待に沿う事業の推進に努めてまいります。

令和4年1月5日(水曜日)

「令和3年20歳を祝う会」及び「令和4年成人式」

令和4年成人式 令和3年の成人式が、新型コロナウイルス感染拡大に伴い開催されなかったため、午前中に「令和3年20歳を祝う会」を、午後に「令和4年成人式」を町中央公民館大ホールで開催し、祝辞を述べさせていただきました。

 参加された皆さんの晴れ姿を拝見し、感慨無量でございます。今後の皆さんのご活躍をご期待申し上げます。

令和3年12月22日(水曜日)

「中学校体力つくりコンテスト」優良賞受賞報告(大崎中学校)

大崎中体力づくりコンテスト 毎日新聞主催の「中学校体力つくりコンテスト」で、全国から4,449校の応募があった中、大崎中学校がベスト12に相当する「優良賞」を受賞されたことを受け、大崎中学校の生徒代表者や先生方の表敬訪問を受けました。

 生徒の皆さん方の健全な成長を大変嬉しく思うとともに、ご指導いただいている先生方に感謝申し上げる次第でございます。

令和3年12月18日(土曜日)

「幸励者(こうれいしゃ)ふれあい交流会」での意見交換会

幸励者ふれあい交流会 町老人福祉センターで開催された、社会福祉協議会主催の「第5回 幸励者(こうれいしゃ)ふれあい交流会」で、参加者の皆様方と意見交換を行いました。

 コロナウイルス感染症の影響で2年ぶりの開催となりましたが、参加者の皆様方が体操や脳トレに取り組む元気な姿を拝見し、大変嬉しく思いました。

 

令和3年12月17日(金曜日)

地域活性化等に関する連携協定式(日本航空 株式会社(JAL))

JAL連携協定 日本航空株式会社(JAL)と地域活性化等に関する連携協定を締結し、調印式を行いました。

 今後地域産品を使用した商品開発・販売など、特産品に関することや、人材育成、モニターツアーなどの地域活性化に関することについて連携し、取り組んでいくことにしております。

令和3年12月6日(月曜日)

「鹿児島県小学生バレーボール男女優勝大会」優勝報告(菱田バレーボールスポーツ少年団)

菱田VBスポ少 11月21日(日)に行われた「安藤旗 鹿児島県小学生バレーボール男女優勝大会」混合の部で、菱田バレーボールスポーツ少年団が見事に優勝し、その報告のため、同スポーツ少年団からの表敬訪問を受けました。

 本大会の混合の部で、曽於地区からの優勝は初めてとのことで、この快挙を大変嬉しく思います。皆様の今後益々のご活躍をご期待申し上げます。

令和3年11月26日(金曜日)

「大崎町ものづくりネットワーク振興会」から児童生徒へのプログラミングロボット贈呈式

ものづくりネットワークロボット寄贈式 地域経済と文化の発展による住民福祉の向上に寄与することを目的とし,これに賛同した17社の会員企業で構成された「大崎町ものづくりネットワーク振興会」の皆様から,「大崎町の児童生徒のICT教育に役立ててほしい」という趣旨で,プログラミングロボット10基を寄贈いただきました。

 大崎町ものづくりネットワーク振興会の皆様に,感謝申し上げますとともに,ITリテラシーはこれからの世の中を生きていくために不可欠となりますので,児童生徒の皆さんがプログラミングロボットを通して感覚を養うことを期待いたします。

令和3年11月4日、5日(木・金曜日)

「地域が育むかごしま教育県民週間」町内 全小・中学校の授業参観

学校訪問 県では、県民一人ひとりが鹿児島の教育について考える機運を高めるため、11月1日から7日までを「地域が育むかごしま教育県民週間」と定めております。本町においても町内の全小・中学校でこの期間(平日のみ)を自由参観日とし、児童・生徒の学習する姿を多くの町民の皆様にご覧いただく取り組みを実施しました。

 私も教育長とともに、11月4日・5日の両日、町内の小・中学校で、子どもたちが一生懸命に、そして楽しそうに授業を受ける姿を参観してまいりました。児童・生徒の皆さんが心身ともに健全に成長していくよう、今後も教育関係者の方々とともに努めてまいります。

令和3年11月1日(月曜日)

大隅地域行政懇話会 現地意見交換会

行政懇話会(大隅地域振興局) 町中央公民館 大ホールで「鹿児島県大隅地域振興局との現地意見交換会」が開催され、関係職員とともに出席いたしました。当日は、大隅地域振興局から局長をはじめ、各部課長方においでいただき、本町の抱える課題や、今後、町が取り組みを検討している事業など多岐に渡り意見交換を行いました。特に「観光振興の取り組み」や「災害対策」「コロナウイルス関係の取り組み」「甘藷の基腐れ病対策」など、意義深い意見交換の場となりました。

令和3年10月27日(水曜日)

「そうしん大崎ブレーン21」の学校図書贈呈式

そうしんブレーン21 役場応接室で開催された学校図書贈呈式に,教育長とともに出席いたしました。これは,鹿児島相互信用金庫大崎支店を核とした町内若手経営者で構成される「そうしん大崎ブレーン21」の皆様が,「コロナの影響で行動が制限される子どもたちに,本を読む楽しさを感じ,元気に過ごして欲しい。」という趣旨で,昨年に引き続き,町内の小・中学校に対して寄贈されたものです。

 そうしん大崎ブレーン21の皆様に感謝申し上げますとともに,児童生徒の皆さんが,今後益々本に親しんで豊かな感性を育んでいただけることを期待いたします。

令和3年10月11日(月曜日)

志布志地区防犯協会から町内小・中学校への防犯グッズ寄贈式

子ども見守りパトロール 子どもたちが安心・安全に楽しい学校生活を送れるように、学校やPTAでの防犯活動に役立てて欲しいという趣旨で、自動車につける「見守りパトロール中」と掲載されたマグネットシート30枚と、活動時に着用する防犯活動蛍光ベスト14着を、志布志地区防犯協会から、町内の小・中学校に寄贈いただきました。

 今後も関係者の皆様と連携しながら、子どもたちが安心して安全に過ごせるよう努めてまいります。

令和3年10月10日(日曜日)

「仮宿下いきいきサロン」での意見交換会

仮宿下いきいきサロン 仮宿下公民館で開催された「仮宿下いきいきサロン」で、町長講話と意見交換の場を設けていただきました。

 講話では、「持続可能なまちづくりをめざして」というテーマで、資源ごみリサイクルからSDGsへの取り組み、ふるさと納税、人口・児童生徒数の推移、新型コロナワクチンの接種状況、さらには今回発行した「リサイクルありがとう地域応援商品券」などについて、お話させていただきました。

令和3年10月8日(金曜日)

「大崎町厚生調査委員会定例会」での町政報告

町政報告_民生委員定例会 中央公民館 大ホールで開催されました「大崎町厚生調査委員会定例会」で,町政報告の場を設けていただきました。町民の皆様方にとって最も身近な困りごと等の相談相手として活動いただいている厚生調査委員の方々に,本町の現状をご理解いただく目的で,新型コロナワクチンの接種状況や,資源ごみリサイクルからSDGsへの取り組み,今回発行した「リサイクルありがとう地域応援商品券」などについて,お話させていただきました。

 また,企画調整課の職員から「ふるさと納税」や,コロナ禍における町内事業者の現状,地域応援商品券・特別プレミアム付商品券などについて,説明させていただきました。

令和3年9月30日(木曜日)

福岡運輸株式会社 南九州物流センター竣工式

福岡運輸 本町菱田で開催された、福岡運輸株式会社(本社:福岡市)の「南九州物流センター」竣工式に出席し、お祝いの言葉を述べさせていただきました。わが町に、大隅地域における流通拠点施設となる最先端設備を整えた物流センターが建設されましたことを、大変嬉しく思っております。

 今回の同センター進出により、この地域で生産される農畜水産物などが、今まで以上に高品質の状態で、安全・確実に全国各地へ配送いただけることで、商品としての価値も高まり、地域産業の活性化にも寄与いただけるものと期待しているところでございます。

令和3年9月29日(水曜日)

【企業版ふるさと納税】感謝状贈呈式 (株式会社 リック)

 ㈱リック‗感謝状贈呈式本町が実施するSDGs推進事業に対して、株式会社リック様(鹿児島市)から、企業版ふるさと納税を活用したご寄附をいただきましたので、本町から同社へ、感謝状を贈呈させていただきました。

 贈呈式では、同社代表取締役会長の前東幸人様から「我が社もまさにSDGsの取り組みを進めていこうとしている中で、大崎町の先進的な取り組みに学び、まずは自身の周りからSDGsの取り組みを広げていきたいと思います。」とのお言葉を頂戴いたしました。

 ご寄附に深く感謝申し上げるとともに、ご期待に沿う事業の推進に努めてまいります。

令和3年9月13日(月曜日)

阿部商事有限会社から社会福祉協議会への車いす贈呈式

 阿部商事車いす贈呈式役場2階応接室にて「そうしんSDGs私募債発行記念 阿部商事有限会社・社会福祉協議会 寄贈品・感謝状贈呈式」が行われ、大崎町社会福祉協議会会長として出席いたしました。

 今回の寄贈は、阿部商事有限会社(阿部重治社長)が、「あすぱる大崎」の改修資金として、私募債を発行する際に、私募債引受人である鹿児島相互信用金庫との連携のもと、大崎町社会福祉協議会に車いす8台を寄贈されたものです。

 阿部商事有限会社様、鹿児島相互信用金庫様には、日ごろから本町へご支援・ご協力を賜り、感謝申し上げます。

令和3年9月3日(金曜日)

株式会社JTBと大崎町における地方創生に関する連携協定締結式

0903_JTB協定締結 株式会社JTB(本社:東京)と大崎町における地方創生に関する連携協定締結式が,オンラインにて行われました。締結式では,株式会社JTB地域ソリューション事業部長の森口浩紀様から,「大崎町内で仕事をさせていただき,ふるさと納税 及び 交流人口の拡大とともに雇用創出につなげたい。」とのお言葉をいただきました。

 この協定の締結により,大崎町内に「JTB大崎サテライトオフィス(仮称)」を設立し,JTB様のこれまでの知見,ネットワークによる新たなスポーツ合宿の誘致やオンラインツアーなどに取り組み,さらには,基幹産業である農業の分野においても「地域,ひと,もの,ことの循環」のためご協力いただき,SDGs未来都市としての新たな取り組みを行ってまいります。

令和3年9月2日(木曜日)

大崎町秋季畜産品評会

 2021町畜産品評会  大崎町家畜集合指導センターにて「令和3年 大崎町秋季畜産品評会」が開催されました。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、関係者のみの来場となり、例年より少し寂しい中での開催でしたが、合計55頭の出品をいただきました。1部から3部のうち、それぞれの1席と、4部及び5部の表彰を行わせていただきました。1席に選ばれた出品牛は、いずれも素晴らしく発育の良い体型でした。今回最優秀賞に選ばれた2部から6部までの出品牛のうち17頭は、9月15日に曽於中央家畜市場で開催される「第28回(令和3年度)曽於地区秋季畜産共進会」に出品されます。共進会では、さらなる躍進を期待しております。

 品評会の結果は,こちら(エクセル:17KB)をご覧ください。

令和3年8月24日(火曜日)

【企業版ふるさと納税】Yahoo!JAPANとのオンライン合同記者説明会

Yahoo合同記者説明会

  ヤフー(本社:東京)が、脱炭素化による地方創生に取り組む自治体を支援する「地域カーボンニュートラル促進プロジェクト」の企業版ふるさと納税寄付先に、本町を含む全国8自治体を選定し、このたび、ヤフーと選定8自治体とのオンライン合同記者説明会が開催されましたので参加いたしました。

 本町には約4,600万円のご寄附をいただける予定で、これらの資金を活用し、資源リサイクル率日本一の本町ならではのノウハウを活かし、「大崎システム」のCO2削減量の数値化及び他地域へ展開可能なプログラム開発を行い、さらなる脱炭素化の促進をめざします。

 詳細は、こちら をご覧ください。

令和3年8月23日(月曜日)

本町行政への長年のご貢献に感謝の意を表し,江藤賢治先生に感謝状を贈呈

Dr江藤_感謝状贈呈

 昭和57年4月に、本町假宿に「江藤医院」を開設されてから、本年6月末に同院を閉院されるまで、江藤賢治先生には、長年にわたり地域医療を支えていただくとともに、学校医や役場産業医、町国保運営協議会委員、町教育委員など、本町の保健福祉行政並びに教育行政に多大なるご尽力をいただきました。閉院されるにあたり、これまでの本町に対するご貢献に対して感謝の意を表するため、感謝状を贈呈させていただきました。

 先生の今後益々のご健勝をご祈念申し上げるとともに、本町への引き続きのご支援・ご協力をお願い申し上げます。

 

【企業版ふるさと納税】感謝状贈呈式(株式会社 東条設計)

企業版ふるさと納税(東条設計)

 本町が実施するSDGs推進事業に対して、株式会社東条設計様(鹿児島市)から、本町における「企業版ふるさと納税」第1号となるご寄附をいただきましたので、本町から同社へ、感謝状を贈呈させていただきました。贈呈式では、同社代表取締役会長の東條正博様から「大崎町の先進的な取り組みを知り、感銘を受けました。企業版ふるさと納税を通じて、より魅力あるれる大崎町となるよう、有効的に使っていただきたい。」とのお言葉を頂戴いたしました。

 ご寄附に深く感謝申し上げるとともに、ご期待に沿う事業の推進に努めてまいります。

令和3年8月12日(木曜日)

東京パラリンピック 聖火ビジット「Share Your Light」あなたは、きっと、誰かの光だ。

パラ聖火ビジット

 大崎町役場正面玄関にて、東京2020パラリンピック聖火の本町での採火式「聖火ビジット」が行われました。パラリンピックの聖火は、大会の発祥地であるイギリスのストーク・マンデビルから日本に渡ってきました。その後、各地で受け継がれた聖火が大崎町にも受け継がれ、聖火を灯すことができました。

 パラリンピックの聖火には、「多様な、そして社会の中で誰かの希望や支えとなっている光が集まり、出会うことで、共生社会を照らす力としよう。」という願いが込められています。

 なお、聖火ビジットで使用したランタンは、パラリンピックが開幕する8月24日まで、役場正面玄関ロビー左側に展示していますので、ぜひご覧ください。

令和3年8月11日(水曜日)

曽於地区秋季畜産共進会出品牛の巡回・激励

 令和3年9月15日に、曽於中央家畜市場で開催される「曽於地区秋季畜産共進会」に出品を予定している畜産農家を激励するため、今福善一さん(高等登録群区 母・娘・孫の3頭1組)、新川憲二さん(成雌郡区)、園田則明さん(成雌郡区)が飼養する出品予定牛を巡回視察いたしました。

 「曽於地区秋季畜産共進会」で優秀な成績を収められ、今年10月に開催が予定されている「鹿児島県畜産共進会」に出品できることを期待しております。

令和3年8月8日(日曜日)

「三文字サロン 春が来た」との意見交換会

令和3年三文字サロン春が来た

 「マルおおさき」で開催された「三文字サロン 春が来た」で、町長講和と参加者の皆様方との意見交換の場を設けていただきました。

 町長講話は「持続可能なまちづくりをめざして」というテーマで、資源ごみリサイクルからSDGsへの取り組み、本町の人口動態・児童生徒数の推移などについてお話させていただきました。

 

 

令和3年8月3日(火曜日)

災害時におけるボート等資機材借用の協力に関する協定締結式

わんぱーく協定締結式

 大規模な地震、台風や大雨時の風水害が発生または発生の恐れがある場合に備え、特定非営利活動法人NPOわんぱーく様と「災害時におけるボート等資機材借用の協力に関する協定」を締結いたしました。

  今後は、本町が所有するボート等とともに「わんぱーく様が所有するボート等の資機材」を活用することで、より迅速な救助活動が可能になるものと期待しております。

 この度、快くご協力くださいました、特定非営利活動法人NPOわんぱーく様に厚くお礼申し上げますとともに、更なる災害対応力の強化に努めてまいります。

令和3年8月2日(月曜日)

大崎町老人クラブ連合会との意見交換会

R3.8.2 町老連語る会

 大崎町老人クラブ連合会理事会の開会前に開催された「町長との意見交換会」に参加いたしました。

 これまでに町が取り組んできた施策についてのビデオ視聴や町長の話の後に、意見交換の機会をいただきました。

 意見交換で頂戴しました貴重なご意見やご要望につきましても,今後の町政運営の参考にさせていただきながら,「住みよい町・活力ある町づくり」に向け努めてまいりますので,引き続き皆様方のご支援ご協力を申し上げます。

 

 

お問い合わせ

総務課秘書係

899-7305 曽於郡大崎町仮宿1029番地

電話:099-476-1111

FAX:099-476-3979

お問い合わせフォーム

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?