ホーム > くらし > 交通 > 交通安全

ここから本文です。

更新日:2017年11月8日

交通安全

交通事故発生状況(平成29年10月末現在)

区分

発生件数

死者

傷者

県下

5,451(-694)

56(+8)

6,424(-853)

大崎町

51(+5

2(+1)

71(+16

※( )内は対前年比

平成29年全国交通安全年間スローガン

  • 運転者(同乗者を含む)へ呼びかけるもの
    抱っこより 深い愛情 チャイルドシート
  • 歩行者・自転車利用者へ呼びかけるもの
    身につけよう 命のお守り 反射材
  • 小・中学生以下へ交通安全を呼びかけるもの
    ペダルこぐ 免許はないけど ドライバー

平成29年度交通事故をなくす県民運動年間スローガン

  • ルールとマナー みんなで守ろう 鹿児島路(かごしまじ)

運動の最重点

  • 高齢者の交通事故防止~「つけてますか?運動」・「プラス1運動」の展開~

運動の重点

  1. 運転者の安全意識の高揚
  2. 早朝,夕暮れ時,夜間における交通事故防止
    ~「3(サン)ライト運動」の展開と夜光反射材用品の着用の推進~
  3. 飲酒運転の根絶~「飲酒運転8(やっ)せん運動」の展開~
  4. 子どもと若者の交通事故防止
  5. 自転車の安全利用の推進~特に、「自転車安全利用五則」の周知徹底~
  6. 後部座席を含めた全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
    ~全席ベルト着用!!「します・させます運動」の展開~

各季の交通安全運動

運動名

期間

運動方針

春の全国交通安全運動

4月6日(木曜日)から4月15日(土曜日)まで

子どもと高齢者の交通事故防止を基本に国の運動方針に基づき、各機関団体が連携して街頭キャンペーンを中心とした交通安全運動を協力に推進する。

夏の交通事故防止運動

7月21日(金曜日)から7月30日(日曜日)まで

夏休みの解放感や暑さからくる疲労、レジャー交通の増加等による交通事故の防止を重点とし、更に、交通事故情勢等を勘案して運動方針を決定し、県民総ぐるみで交通事故防止運動を展開する。

秋の全国交通安全運動

9月21日(木曜日)から9月30日(土曜日)まで

秋の行楽期の交通事故防止を重点に、国の運動方針に基づき各機関・団体が連携して、街頭キャンペーンを中心とした交通安全運動を協力に推進する。

年末年始の交通事故防止運動

12月10日(日曜日)から1月10日(水曜日)まで

交通量の増加に伴う道路の混雑や飲酒運転による交通事故の防止を重点とし、更に、交通事故情勢等を勘案して方針を決定し、年末年始における交通事故防止運動を推進する。

お問い合わせ

総務課消防防災係

899-7305 曽於郡大崎町仮宿1029番地

電話:099-476-1111

FAX:099-476-3979

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?