ここから本文です。

更新日:2017年9月1日

特別障害者手当等

障害児・者福祉

特別障害者手当等

1 特別障害者手当

精神又は身体に重度の障害を有するため日常生活において常時特別の介護を必要とする状態にある在宅の20歳以上の方

2 障害児福祉手当

精神又は身体に重度の障害を有するため日常生活において常時の介護を必要とする状態にある在宅の20歳未満の方

3 福祉手当(経過措置分)

20歳以上の従来の福祉手当の受給資格者のうち、特別障害者手当の支給要件に該当せず、かつ、障害基礎年金も支給されない方

4 手続き方法

特別障害者手当、障害児福祉手当を受けるには、認定診断書、申請書、(印鑑)等が必要です。それらの書類を、役場窓口に提出してください。(用紙は役場にあります)

詳しくは、県・又は役場福祉課にご相談ください。

障がい者就労施設からの優先調達

平成25年4月1日から、国等による障害者就労施設等からの物品等の調達の推進等に関する法律(障害者優先調達推進法)が施行されたことに伴い、障がい者就労施設や在宅で就労する障がい者の経済面の自立を進めるため、物品やサービスを障がい者就労支援施設等から優先的に調達することを推進しています。

平成28年度実績

小物雑貨 20,300円

清掃・施設管理作業 2,386,800円

お問い合わせ

保健福祉課障害福祉係

899-7305 曽於郡大崎町仮宿1029番地

電話:099-476-1111

FAX:099-476-3979

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?