ホーム > 建設課関連 > 建設課からのお知らせ

ここから本文です。

更新日:2020年7月9日

建設課からのお知らせ

 令和2年7月3日からの大雨による被災者への公営住宅の提供について 

 

  令和2年7月3日からの大雨により,住宅に居住できなくなった方に対し,公営住宅の空家を一時的な居住の場として一定期間(原則として3ヶ月とし,最長1年まで延長可)提供します。  

   ○入居資格

  ◇住宅に被害が生じて自宅に居住できない方

  ◇避難勧告等を受けて避難している方  

 ○提出書類

  (1)大崎町公営住宅一時使用許可申請書(PDF:41KB) 

  (2)誓約書(PDF:28KB)  

  (3)罹災証明書等   

   ※罹災証明書が提出できない場合は,運転免許証の写し等被災時の住所が確認できるものを提出していた

   だき,後日罹災証明書を提出していただきます。

  (4)その他

    被災状況の分かる写真その他資料等で状況を確認させていただくことがあります。

 ○入居期間

  原則3ヶ月(1年間を限度に更新することができます。)

  ただし,避難勧告等を受けて避難している方については,避難勧告等が解除され,自宅に居住が可能となった

  時点までとします。

 ○家賃等

  住宅使用料及び敷金は減免します。また,退去時の修繕費も不要とします。 ただし,共益費・光熱水費等は

 自己負担していただきます。    

 ○その他

  入居は申し込み順となります。また,空家のある公営住宅からご紹介しますので,希望の住宅に入居できない

 場合もあります。

 

《問合せ先》

 建設課 管理係(内線154・155)

 

 屋外広告物について 

●屋外広告物について

 屋外広告物とは,常時又は一定の期間継続して屋外で公衆に表示されるものであって,看板,立看板,はり紙,広告塔,広告板,建物その他の工作物等に掲出され,又は表示されたものなどをいいます。

●屋外広告物適正化旬間について

 屋外広告物の適正化について意識啓発を図るため,国では,毎年9月1日から10日を「屋外広告物適正化旬間」として定めています。

●屋外広告物の維持管理について

 屋外広告物の安全性を確保するためには,全ての屋外広告物について,適切な維持管理が必要となります。屋外広告物を安全に管理するため,定期的に安全点検を行ってください。

 鹿児島県では,屋外広告物の一層の安全性の向上を図り,公衆に対する危害を防止するため,平成30年12月に鹿児島県屋外広告物条例及び条例施行規則を一部改正しています。

 管理義務・点検に関する概要につきましては,鹿児島県のホームページをご確認ください。

  鹿児島県ホームページリンク先(外部サイトへリンク)

 

《問合せ先》

 建設課 都市計画係(内線155)


 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

建設課

899-7305 曽於郡大崎町仮宿1029番地

電話:099-476-1111

FAX:099-476-3979

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?