ホーム > くらし > 防災・防犯 > 防災 > 住宅防災 > がけ地近接等危険住宅移転事業費補助金

ここから本文です。

更新日:2022年4月1日

がけ地近接等危険住宅移転事業費補助金

がけ地近接等危険住宅移転事業費補助金のご案内

がけ地の崩壊等の恐れがある危険な住宅の移転を促進するため、国や県の補助を受けて、市町村が移転者に危険住宅の除却や安全な場所への新たな住宅建設等に要する経費に対し補助金を交付する制度です。

対象となる住宅

現に居住している住宅で、次のいずれかに該当するものが対象となります。

  • 鹿児島県が指定した急傾斜地崩壊危険区域に存する住宅
  • がけの高さが2mを超え、勾配が30度を超えるがけに近接する住宅(下図参照)で、昭和46年8月31日以前に建築された建物

gakekingazou

  • 鹿児島県が指定した土砂災害特別警戒区域に存する住宅

補助の内容

  • 危険住宅の解体、除却等に要する経費
  • 危険住宅に代わる新たな住宅の建設(購入も含みます。)、土地取得、敷地造成のため、金融機関から融資を受けた場合の借入金の利子額に対して限度額を設けて補助金を交付します。

補助金の額

1戸当たり補助限度額
除却等費 975千円
建物助成費 建物 4,650千円
土地取得 2,060千円
敷地造成 608千円

各種様式・参考

様式

参考

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

建設課建築係

899-7305 曽於郡大崎町仮宿1029番地

電話:099-476-1111

FAX:099-476-3979

お問い合わせフォーム

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?