ホーム > 健康・福祉 > 福祉 > 母子父子寡婦福祉

ここから本文です。

更新日:2018年8月28日

母子父子寡婦福祉

ひとり親家庭医療費助成制度

母子家庭の母および児童、父子家庭の父および児童、父母のない児童の保健の向上と福祉の増進を図るため、医療費の一部助成を行っています。

助成を受けることができる人

町内にお住まいで、健康保険に加入しており、次のいずれかに該当する人

  • (1)母子家庭の母および児童
  • (2)父子家庭の父および児童
  • (3)父母のない児童

※児童の18歳の誕生日以後最初の3月31日までが対象です。

※(1)については児童の父が、(2)については児童の母が重度の障害の状態である場合を含みます。

次に該当する人は助成を受けることができません。

  1. 生活保護を受けている人
  2. 他の医療費助成制度で助成を受けている人
  3. 前年の所得が一定額以上の人

申請に必要な書類

  • 申請者と児童の記載のある戸籍
  • 住民票謄本
  • 健康保険証(申請者及び児童分)
  • 前年度の所得証明

お問い合わせ

保健福祉課社会福祉係

899-7305 曽於郡大崎町仮宿1029番地

電話:099-476-1111

FAX:099-476-3979

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?