ホーム > 産業 > 農林振興課関連(農政畜産情報) > 林業 > 森林環境譲与税使途の公表について

ここから本文です。

更新日:2022年2月4日

森林環境譲与税使途の公表について

森林環境譲与税の目的と公表について

森林環境譲与税は、間伐や人材育成・担い手の確保、木材利用の促進や普及啓発等の「森林整備及びその促進に関する費用」に充てることを目的に市町村に譲与されています。
本税により、山村地域のこれまで手入れが十分に行われてこなかった森林の整備が進展するとともに、都市部の市区等が山村地域で生産された木材を利用することや、山村地域との交流を通じた森林整備に取り組むことで、都市住民の森林・林業に対する理解の醸成や、山村の振興等につながることが期待されます。
また、適正な使途に用いられることが担保されるように森林環境譲与税の使途については、市町村等は、インターネットの利用等により使途を公表しなければならないこととされています。

令和2年度

  • 大崎町への譲与額

   令和2年度5,840千円

 

  • 使途(事業内容)
事業名 内容 金額(円)
森林所有者意向調査業務 森林経営管理制度に係る業務
・森林所有者意向調査実施に伴う事務費
・森林所有者への意向調査後の森林の現況調査委託料
645,000
森林炭素マイレージ補助金 大崎町内に木造建築物を建築し,CO2固定量認証を受けた建築主に対して交付金を交付 85,500
林道維持管理 林道排水路に堆積した土砂・落葉の撤去作業

888,800

合計

1,619,300

 

  • 大崎町森林環境譲与税基金積立金

   譲与額 5,840,000円 - 充当額 1,619,300円 = 積立額 4,220,700円

   貯金利息 856円

   ○ 令和2年度積立額 計 4,221,556円

   

令和元年度

  • 大崎町への譲与額

   令和元年度2,748千円

 

  • 使途(事業内容) 
事業名 内容

金額

(千円)

森林所有者意向調査業務

森林経営管理法に基づく新たな森林管理制度での対象森

林の所有者に対し以降調査の実施

4

林地台帳及び森林情報管理

システム整備事業

町内森林のデータベース化と地図システムの連動を可能にし、

森林管理制度に即した運用を行うためのシステム整備

1,674
基金積立 令和2年度以降の森林環境譲与税事業に活用するための基金積立 1,070

 

 

 

 


お問い合わせ

農林振興課林務水産係

899-7305 曽於郡大崎町仮宿1029番地

電話:099-476-1111

FAX:099-476-1662

お問い合わせフォーム

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?