ホーム > まち案内 > 町の概要 > 大崎のうた

ここから本文です。

更新日:2017年4月1日

大崎のうた

大崎町民歌

正木喬二 作詞
中村平 作曲
坂下滉 編曲

  1. 救仁の松原 風かおる
    ほまれの歴史 受けついで
    花咲く自治と 人の和に
    ああ大崎は 栄光の
    文化を育て 夢育て
    明るい平和 きずくまち
  2. 三すじの流れ 清らかに
    みのりの田畑 うるおせば
    工場も街も いきいきと
    ああ大崎は 生産の
    よろこびあふれ 汗あふれ
    豊かな幸を ひらくまち
  3. 新潮よせる さわやかな
    みどりの沃野 日はのぼり
    希望のいぶき 満ちわたる
    ああ大崎は 躍進の
    理想も高く 意気高く
    雄々しくあすへ のびるまち

大崎音頭

内与詩守 作詩
土肥寛展 作曲
坂下滉 編曲

  1. 春は黄色い 花から明けて
    里はいちめん 花化粧 サテ
    幼なじみの 三つの川も
    花のしあわせ 呼んでくる ソレ
    さっさ輪になり ソレ 花になり
    大崎音頭で 総踊り
    (以下はやし繰返し略)
  2. いち度ごらんよ すずれが浜を
    銀の松原 虹の波 サテ
    でかい史蹟も むかしをしのび
    そばの田んぼで 見てござる ソレ
  3. 丘にたのしい 憩いの森が
    家に子牛の むじょか声 サテ
    町にゆかしい 祭りがくれば
    わしも入れてと 地蔵さん ソレ
  4. 文化ゆたかな 田園都市で
    くらすその日も 夢じゃない サテ
    あすのふるさと なかよく語り
    拓くみんなの 心意気 ソレ

大崎小唄

四本友哉 作詞
宇都宮寅太郎 作曲
坂下滉 編曲

  1. 春はネ 春は大崎 菜の花ざかり
    馬草刈る娘に 野道を問えば
    えくぼつくって 眼で語る
    忘れられよか~鄙姿
  2. 夏はネ 夏はそよ風 すずれが浜に
    かざす絵日傘 くるくるくると
    波になくのは あの浜千鳥
    恋の潮時~誰かしら
  3. 秋はネ 秋は風情の 大崎田んぼ
    月に寄するは 黄金の波よ
    袖はひらひら 踊り子姿
    八月踊りが~なつかしや
  4. 冬はネ 冬は高隈 国見の山に
    雪もほのけき あのよい空を
    吹くは木枯らし 汽笛が鳴れば
    さまが来るかと~おどる胸

お問い合わせ

総務課行政係

899-7305 曽於郡大崎町仮宿1029番地

電話:099-476-1111

FAX:099-476-3979

お問い合わせフォーム

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?