ここから本文です。

更新日:2021年12月1日

新型コロナワクチン接種について

新型コロナの発症や重症化を予防するため、大崎町においても医療従事者から順番にワクチン接種が始まっています。
ワクチン接種は国が定めた優先順位に沿って行われます。

ワクチン接種の予約はこちら!5月1日から受付中!!

 追加接種(3回目接種)のお知らせ

追加接種(3回目接種)は医療従事者から始まっています。

新型コロナワクチンの接種については、2回接種した場合でも、一定期間が経つと有効性や免疫原生(免疫応答を引き起こす能力)が低下することが報告されたことから、追加接種を実施することになりました。追加接種を受けられる方は、2回目の接種を終了した日から、おおむね8か月以上経過した方です。3回目の接種券は、2回目接種から8か月を経過する方へ順次発送します。接種券が届いた方からワクチン接種を受けることができます。

追加接種(3回目接種)の対象者  

追加接種(3回目接種)の対象は、以下を全て満たす方全員です。

▷2回目接種を完了した日から、原則8か月以上経過した方

▷18歳以上の方

▷日本国内での初回接種(1回目・2回目接種)又は初回接種に相当する接種(※1)が完了している方 

(※1)次の方が、初回接種に相当する接種を受けた方となります。ただし、日本で薬事承認されている、ファイザー社ワクチン、武田/モデルナ社ワクチン、アストラゼネカ社ワクチンのいずれかを接種している場合に限ります。

  1. 海外で2回接種した方
  2. 海外在留邦人等向け新型コロナワクチン接種事業で2回接種した方
  3. 在日米軍従業員接種で2回接種した方
  4. 製薬メーカーの治験等で2回接種した方

 

 

 

ここからは、初回ワクチン接種(1回目・2回目接種)の内容になっています。

初回ワクチン接種(1回目・2回目接種)の対象者

初回ワクチン(1回目・2回目)の接種対象は12歳以上です。妊娠中の方、授乳中の方、新型コロナウイルスに感染したことがある方も、ワクチンを接種することができます。また、妊娠または妊娠している可能性のある方で、予防接種上の有益性が危険性を上回ると判断された方についても接種を受けることができるため、その際は主治医にご相談ください。

※妊娠中の方で、早めの接種を希望される方は、役場保健福祉課にご相談ください。

ワクチン接種の優先順位

本町へのワクチンの供給量が限られている中、まずは65歳以上の中でも、より重症化リスクの高い方々のクラスター予防を目的に高齢者施設等の入所者及び従事者の方々を最優先に、以下の順で接種を進めています。

 

 sy

  ※ 国のワクチン確保量等により、変更になることがあります。

 ※2 12歳から17歳までの方の予約については、基礎疾患を有する方(優先接種対象者)が先行予約できます。

   9月7日(火)からは、すべての方が予約できます。

 ※3 12歳の方については、12歳年齢到達の翌月に接種券を送付します。 

 

 優先接種対象者

  基礎疾患を有する方 

基礎疾患を有する方の範囲

以下の①~⑭の病気や状態の方で、通院や入院している方

① 慢性の呼吸器の病気
② 慢性の心臓病(高血圧を含む。)
③ 慢性の腎臓病
④ 慢性の肝臓病(肝硬変等)
⑤ インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病
⑥ 血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く。)
⑦ 免疫の機能が低下する病気(治療や緩和ケアを受けている悪性腫瘍を含む。)
⑧ ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
⑨ 免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
⑩ 神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
⑪ 染色体異常
⑫ 重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
⑬ 睡眠時無呼吸症候群
⑭ 重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、又は自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)

 ○基準(BMI30以上)を満たす肥満の方
※BMI = 体重(kg) ÷ 身長(m) ÷ 身長(m)
※BMI30の目安 : 身長170cmで体重87kg、身長160cmで体重77kg

基礎疾患を有する方の確認方法

・予約時・接種時に、対象の基礎疾患の有無や健康状態を確認します。
町への事前申告や診断書等の提出は、必要ありません。
・接種の際に、予診票の質問事項に記載してください
(重い精神疾患や知的障害の方の場合は、精神障害者保健福祉手帳、自立支援医療受給者証、療育手帳を持参してもよいですが、予診票等によって確認することも可能です)。

基礎疾患に該当するかどうか分からない方は、主治医にご相談ください。

 

接種券の送付時期

12歳以上の皆さんに対して、接種券の送付が完了しています。

接種回数

1人2回の接種が必要です。

接種費用等

全額公費で接種を行うため、無料で接種できます。

接種までの流れ
  1. 町から自宅に接種券が届く
  2. 予約をする
  3. 予約した日時に予約会場へ行き接種する
接種場所
接種場所の一覧

個人接種(町内の4医療機関)

はるびゅうクリニック

牧瀬内科クリニック

草野クリニック

坂元内科クリニック

※町外かかりつけ医(医療機関)にかかっている方は、接種が可能かどうか、医療機関に確認をしてください。

町が設置する集団接種会場

中央公民館

野方改善センター

高齢者施設等  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12歳から17歳までの年齢層の方の接種について

 

     sy

  

sy

  

子どもへの接種に係る留意事項

12歳~15歳の接種においては、原則、保護者の同伴が必要となります。予診票に保護者の署名が必要となり、署名がなければワクチンの接種は受けられません。保護者がやむを得ない理由により同伴できない場合は、接種を受けるお子さんの健康状態を普段からよく知っており、予診票の内容をよく理解している親族(祖父母等)などが、保護者からの委任を受けて同伴することが可能で、委任状は不要です。なお、中学生以上の場合、接種医療機関(接種会場)が認める場合には、保護者が説明書を読み、予診票に保護者が自ら署名することによって、保護者の同伴がなくてもワクチン接種することができます。その場合、予診票の「電話番号」記載欄に、緊急連絡先(予診や接種の際に、必ず保護者と連絡のつく電話番号)の記載も必要となりますので、予診票(記入例)をご参照ください。未成年者であっても、16歳以上の方については、保護者の署名は必要ありません。

 

 住所地外接種について

ワクチン接種は原則、住民票所在地の市町村において接種を行うこととしています。ただし、やむを得ない事情で住民票所在地以外に長期間滞在している方は、接種を行う医療機関等が所在する市町村に事前に届出を行うことにより、接種を受けることができます。

  • やむを得ない事情の例

   ・出産のために里帰りしている妊産婦

   ・単身赴任者

   ・遠隔地へ下宿している学生 など

  • 申請方法

 住民票所在地以外で接種を希望する方は、接種を行う医療機関等が所在する市町村に「住所地外接種届」の届出が必要です。市町村は「住所地外接種届」を受理した後、記載内容を確認したうえで、「住所地外接種届出済証」を交付します。大崎町に住民票がない方が、大崎町の医療機関で接種を受けようとする場合、役場内ワクチン推進室(保健福祉課前)窓口までお越しください。

  • 市町村への届出を省略できる場合

   ・入院及び入所者

   ・基礎疾患を持つ者が主治医の下で接種する場合

   ・副反応のリスクが高い等のため、体制の整った医療機関での接種を要する場合

   ・市町村外の医療機関からの往診により在宅で接種を受ける場合

   ・災害による被害にあった者

   ・勾留又は留置されている者、受刑者

   ・職域接種を受ける場合 

 

 町外かかりつけ医(医療機関)で接種する場合

医療機関のある市町村によって予約方法が異なります。

  •  鹿屋市 ⇒ 直接医療機関に連絡    
  •  東串良町 ⇒ 直接医療機関に連絡
  •  志布志市 ⇒ コールセンター 0120-424-417
  •  曽於市 ⇒ 曽於市役所 0986-76-8806  
接種予約方法(予約受付方法については、接種券送付と一緒に案内します)
  • 個人接種を希望する方 ⇒  町内の医療機関(4医療機関) ⇒   Web予約、LINE予約、下記予約センターへ電話予約
  • 集団接種を希望する方 ⇒  Web予約、LINE予約、下記予約センターへ電話予約

※電話予約は、電話が繋がりにくくなることが予想されます。24時間対応のWeb予約、LINE予約がお勧めです。

※医療機関での直接予約は、おこなっていません

※町外かかりつけ医(医療機関)での接種を希望する方については、上記へお問い合わせください。 

※ワクチンは、2回接種が必要です。2回目の接種は、必ず1回目の接種日の3週間後の同じ曜日、同じ会場になります。2回目が予定通り接種できない場合、1回目の接種を会場でお断りします。

※1回目の予約をすると自動的に2回目の予約も完了します。

※予約の時間は、接種時間ではなく、受付時間です。医療機関においては、診療と並行して接種をしていきますので、お待たせすることをご了承ください。

 

集団接種の日程
  • 中央公民館

   ・6月26日(土)午後のみ(1回目接種)  ⇒  7月17日(土)午後のみ(2回目接種)

   ・6月27日(日)午前及び午後(1回目接種)⇒  7月18日(日)午前及び午後(2回目接種)

     ・7月11日(日)午前及び午後(1回目接種)⇒  8月1日(日)午前及び午後(2回目接種)

   ・8月7日(土)午後のみ(1回目接種)⇒  8月28日(土)午後のみ(2回目接種)

   ・8月8日(日)午前及び午後(1回目接種)⇒  8月29日(日)午前及び午後(2回目接種)

 ※日程を追加しました。

 10月9日(土)(1回目接種) ⇒ 10月30日(土)(2回目接種)

    受付時間 午後1時30分から午後4時30分まで 及び 午後6時30分から午後8時30分まで

  ※ワクチンの供給量、集団接種の需要等の状況により、受付時間の延長を行う場合があります。

 

  • 野方改善センター

   ・7月4日(日)午前及び午後(1回目接種)⇒  7月25日(日)午前及び午後(2回目接種)

  

ワクチン接種当日について
  • ワクチン接種の日に持参するもの
  1. 接種券(クーポン券) ※シールは、はがさずにお持ちください。 
  2. 予診票(接種券と同封) ※予診票は、必ず事前にボールペンで記入をしてから来場してください。
  3. お薬手帳 ※お薬手帳をお持ちの方
  4. 本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証など)

  ※ 1と2は、役場からの案内に同封されています。

  • ワクチン接種前の注意点

   接種前に明らかな発熱がある場合や体調が悪い場合などは、接種を控えてください。

   その際は、町の予約センターにご連絡をください。

   肩を出しやすい服装でお越しください。

  • ワクチン接種後の注意点

   ワクチン接種後は、接種会場で15分以上座って様子を見ます。

   ※過去にアナフィラキシーを含む、重いアレルギー症状を起こしたことがある方や、採血で気分が悪くなったり、

    失神等を起こしたことがある方は、30分ほどお待ちください。 

「キャンセル待ち」について

「体調が悪くて当日接種ができなくなった」などの理由で予約にキャンセルが出た場合、ワクチンを無駄にしないために、代わりに接種を受けることのできる「キャンセル待ち」の枠を作りました。

○登録できる方

  ・接種券が届いていて、予約まで済んでいる方

  ・接種前日または当日に連絡がきた場合、すぐ対応ができる方

○登録・接種の流れ

  1.  通常の1回目接種の予約をする。可能な限り、Web予約・LINE予約を利用してください。
  2.  町接種予約センター   099-478-1133  に電話をして、「キャンセル待ち希望」と伝える。
  3.  キャンセル待ちの順番が近づいてきたら、町接種予約センターから電話で連絡がきます(当日、連絡がある場合もあります。)
  4.  キャンセルが出た場合、町接種予約センターから電話で連絡がきます。

         「●月●日●時、●●病院に行くことができますか?」

     5.   指定された日時に会場に行き、ワクチン接種を受ける。    

     6.   2回目接種の確認をして帰る。

○注意

 ※「キャンセル待ち」に登録しても、連絡が来ない場合があります。その場合、1回目の予約をした日時、会場でワクチン接種を受けてください。1回目のワクチン接種が済んだ場合は、自動で「キャンセル待ち」から登録が削除されます。

 ※町接種予約センターからの電話に出られない場合、次のキャンセル待ちの方へ案内します。折り返し連絡をいただいても、ご案内ができないことがあります。

 

接種を受ける際の同意

新型コロナワクチンの予防接種は強制ではありません。予防接種を受ける方には、予防接種による感染症予防の効果と副作用のリスクの双方について理解したうえで、自らの意志で接種を受けていただきます。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。

 

新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)について

国際的な人的往来に関連して、海外渡航用に新型コロナワクチン接種証明を、申請に基づき発行します。

  •  対象者

    大崎町が発行した接種券を使用して接種を受けた方で、すでに海外渡航の予定がある方

    ※1回目と2回目で異なる自治体から発行された接種券で接種を受けた場合は、それぞれの自治体に申請が必要になります。

 

  • 申請方法

    下記の必要書類を役場保健福祉課窓口へ提出してください。

 

  • 必要書類

    予防接種証明書発行申請書(PDF:49KB)

    ・旅券(パスポート)の写し

    ・予防接種済証または、接種記録書の写し

    【場合によって必要な書類】

    委任状(PDF:19KB)(本人以外が代理で申請する場合のみ)
          

    ・ 旧姓・別姓・別名の確認書類(旅券(パスポート)に旧姓・別姓・別名の記載がある場合のみ)

        旧姓・別姓・別名が確認できる本人確認書類(運転免許証等)の写し

 

  • 発行手数料

    無料 

 

 

 ご予約・ご相談の窓口

 Web予約、LINE予約

 5月1日(土)から予約受付開始中

 ※予約方法は、接種券送付と一緒に案内します。

 

  LINE予約 

  LINE公式アカウントの「大崎町」を検索し,友だち登録をしてください。

 lineqr

   ■Web予約 https://jump.mrso.jp/464686/

WEB予約

 

接種予約センター(電話での予約)

 コロナワクチン接種予約センターでの電話予約の受付開始は、5月6日(木)からです。

【電話番号】099-478-1133(役場保健福祉課内)

【受付時間】8時30分~17時30分(土日祝日を除く平日)

    ※電話予約は、大変混み合い電話が繋がりにくい状況が想定されます。可能な限り、Web予約、LINE予約を

  利用してください。

町の相談窓口

【電話番号】099-476-1111(183・184)

【受付時間】8時30分~17時30分(土日祝日を除く平日)

県の相談窓口

コロナ相談かごしま

【電話番号】099-833-3221

【受付時間】10時00分~17時00分(土日・祝日も受付)

国の相談窓口

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

【電話番号】0120-761-770(フリーダイヤル)

【受付時間】9時00分~21時00分(土日・祝日も受付)

関連サイト

 


 

 
 



Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉課

899-7305 曽於郡大崎町仮宿1029番地

電話:099-476-1111

FAX:099-476-3979

お問い合わせフォーム

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?