ホーム > 健康・福祉 > 国民健康保険 > 国民健康保険の方がいったん全額自己負担したとき

ここから本文です。

更新日:2018年10月31日

国民健康保険の方がいったん全額自己負担したとき

次のような場合、いったん全額自己負担となりますが、国民健康保険の方が、国民健康保険係の窓口に申請して審査決定されると、自己負担分を除いた金額を支給します。

なお、療養費支給申請書については国民健康保険各種申請書のページよりダウンロードできます。

事案 申請に必要なもの

1

急病や不慮の事故などでやむを得ず、国民健康保険証を持参せず治療を受けたとき
  • 診療報酬明細書
  • 領収書
  • 保険証
  • 世帯主の印鑑
  • 世帯主の通帳
  • 身元確認書類

2

治療用装具(コルセット、ギプス、義足など)を購入したとき
  • 医師の診断書か意見書
  • 装着証明書
  • 領収書

3

輸血のための生血代(病院を通じて購入した場合)
  • 医師の診断書か意見書
  • 輸血用生血液受領証明書
  • 領収書

4

骨折・脱臼・打撲及びねん挫で柔道整復師に施術を受けたとき

※ただし、医師の同意を受けていることが必要です

  • 明細がわかる領収書

5

はり・きゅう・マッサージを受けたとき
  • 医師の同意書
  • 領収書

6

海外滞在中に医療機関にかかったとき(治療目的で渡航した場合は原則除く)
  • 診療内容の明細書と領収明細書(外国語のものは日本語の翻訳を添付)
  • パスポート等渡航のわかるもの

お問い合わせ

保健福祉課国民健康保険係

899-7305 曽於郡大崎町仮宿1029番地

電話:099-476-1111

FAX:099-476-3979

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?