ホーム > 健康・福祉 > 国民健康保険 > 国民健康保険の方が交通事故にあった時は?

ここから本文です。

更新日:2018年8月23日

国民健康保険の方が交通事故にあった時は?

交通事故など、第三者の行為による疾病の治療についても、国民健康保険で治療を受けることができます。その際には、必ず国民健康保険係の窓口に連絡し、「第三者行為による傷病届」を提出してください。

国民健康保険係への届出をする前に、示談を済ませたり、治療費を受け取ったりすると、国民健康保険を使用できなくなりますので、示談の前には、必ず国民健康保険係の窓口へ連絡してください。

第三者行為の該当例

  • 交通事故
  • 暴力行為(けんか)
  • スキー場での衝突事故
  • ゴルフボールを当てられた
  • 他人の飼い犬,飼い猫に咬まれた
  • レストランの食事で食中毒になった

なぜ届出が必要?

届出がされないと、本来加害者が負担する分を国保が負担することになります。届出がされた場合も、国保から加害者への請求が遅れ、国保の医療費などを回収できない可能性もあります。

いずれの場合も国保の負担が増し、国保加入者の保険税の増額にも繋がります。第三者行為にあたる場合は、必ず国民健康保険係に届出を行ってください。

届出に必要な書類

  • 印鑑
  • 保険証
  • マイナンバーカード
  • 事故証明書
  • その他必要な書類はこちら

リンク先の「第三者行為」の項目より、必要な書類をダウンロード・印刷してください。



お問い合わせ

保健福祉課国民健康保険係

899-7305 曽於郡大崎町仮宿1029番地

電話:099-476-1111

FAX:099-476-3979

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?