ホーム > 健康・福祉 > 国民健康保険 > 医療費の節減と適正受診について

ここから本文です。

更新日:2020年3月10日

医療費の節減と適正受診について

医療費は国民健康保険税でまかなわれています!

全体の医療費を節減するということは、国民健康保険税の増大化を抑制することにつながります。国民健康保険加入者の方々ひとりひとりが、適度な運動・食生活など日常生活の中でできることから健康的にすごすよう心がけ、医療費の節約に努めましょう。

また、特定健診やがん検診を積極的に受診し、病気の兆候などの早期発見・早期治療を心がけましょう。

 

リンク:国民健康保険税について

医療費を節約するために

次のようなことを心がけることで、医療費の節減につながります。

  1. かかりつけ医をもつことで、適切なアドバイスを受ける
  2. かかりつけ薬局・薬剤師をもつ
  3. 診療時間内に受診することで、余計な医療費を払わない
  4. はしご受診はしない
  5. お薬手帳を作ることで、適切な服薬を行うようにする
  6. ジェネリック医薬品(後発医薬品)を活用する

また、国民健康保険加入者の方々には、医療費通知・後発医薬品差額通知を随時送付しております。ご自身にかかっている医療費や、ジェネリック医薬品を利用することでどれだけ医療費の節約に繋がるか、お手元に届いた際はぜひご確認ください。

お問い合わせ

保健福祉課国民健康保険係

899-7305 曽於郡大崎町仮宿1029番地

電話:099-476-1111

FAX:099-476-3979

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?